電子工作

ブレッドボードでArduino開発するときのアダプタ

  • 閲覧数: 2094
  • 5
  • C.120x80.bade870176a3ca45250f877cd3d199b1
  • C.120x80.b11045bbfbbefcb7edace6bc68001751
  • C.120x80.69abeba71d0dd6ed016c3b3c42fab3f8
  • C.120x80.dc57da55fca92b47ad2df29b4cc65e3d
  • C.120x80.8f29d1062a2a7d4be2b946dbb0f32afe
  • C.120x80.8bf8bb704148966d158f8ad73ba4c485
  • C.120x80.2648e26ffa73530c1b4d49d65ec5d7f2
  • C.120x80.522621b60780e29ed9df0da1afe4386b

作品説明

Arduinoは開発が超簡単。それでいて機能はちょっとした制御に使うには十分。
とはいえなにか作るたびにArduinoを内蔵してたらコストがもったいない。。USBついてないminiでも2000円ぐらいするんじゃなかったっけ。チップだけなら200円ぐらいなのにね。

つうわけで、生のATMega168Pを大量に買って在庫していて、ブレッドボードに回路組んでArduinoのブートローダー書き込んで使ってる訳だが、なんかそのたびに毎回決まった回路をブレッドボードに作るのがめんどくさい。

つうわけで書き込みに必要な回路だけユニバーサル基板に組んでみた。

コメント (0件)

コメントはまだありません