電子工作

おやすいすぴーかー

  • 閲覧数: 8224
  • 15

作品画像

  • C.120x80.29bfcc3fd67dd81a7c4a7b46e0e0db91
  • C.120x80.db3d7eff788209fe236baa409befaafd
  • C.120x80.b13da5ae0fa592fdbf5c59608234b5d2
  • C.120x80.0be2ac6688b1d01fff6d348c31e31aaf
  • C.120x80.ed15910abba9c7b3a3a8d7958cd36ba1

作品説明

おーでぃおつくったよ

ぼくらの部品庫秋月電子にお安いUSBDAC+アンプな基板と、
2個500円のスピーカーユニットが売ってたので、
スピーカーつくってみますた。

(PCのオーディオジャックがこのごろ怪しいので、早めにUSBから音とりたかった


そこそこ音楽きけまふ。
普段、なんか作りながら部屋でガンガンかけるのに使える程度に使えます。

背面にt3ベニヤ使ったせいかユニットのせいか、
まぁそのへんはわかりませんが()、低音が不鮮明になっちゃったかな
とか思います。(深追いはやめておこう....




USB-DAC :        600えん
スピーカーユニット *2 : 500えん
ケーブル: 210えん
端子 : 158えん
MDF材*5 :  525えん

かったものはぜんぶで2193えん くらい。
あとはジャンク箱とか部屋にあった材料でできた。

レシピ



基板とユニットを入手してきます。
これですね
あ、あとコネクタとかACアダプタとかは適当に。 

ACアダプタのりぷる対策に4700uFの電コンとかEMIフィルタとか
買ったはいいけど結局つかいませんれした。
デジタルアンプ、ノイズすごい少ない。(僕が知覚できる範囲では

例のごとくおかしの缶に基板を収めます。
そろそろおかしの缶マンネリ化してきた....  いや、すごい優秀なんだけど。シールドできるし。


USB-DAC コネクタとか、基板を収めます。



エンクロージャ(筐体(箱(空気室(共鳴器
は、100円均一に行ったら厚さ(t)6.2のMDF材が売ってたので、これを買ってきてつくりました。

今回はスペースの都合(机の上に置きたい)のため、バスレフにしました。
バックロードホーンつくってみたい。

まずはスケッチして、適当に形をきめまして、
容量とか周波数とかが音に大きく効くみたいなので、そのへんを良い感じになるように、
各寸法を決めていきます。

ここを参考にさせていただきました。 感謝。







すけっち てけとーに。    メモ書きの式は読まないこと。 適当さがバレる。

CADでサクッと設計学生チート使ってごめん。  SolidWorks使いました。使いやすい。
個人で買うならアリブレデザインがいいかも。20kでお釣りが来る。




CADで設計するといいところは、3Dで確認できるとかいろいろあるけど、
実は等倍で平面図面にして、プリンタで印刷すると、わりと正確に印刷できるというところもイイ。

そんなに精度が要らない(許容公差0.1mm以上くらい)な加工なら、
CADで図面描いて→プリンタで図面印刷→材料に貼り付けて、それに沿って加工
ができるので、すごい便利。 (ロボット作るときにこれやると精度悪いって言われるけど。

プリンタは一番身近なNC加工機。
3Dプリンタまだ買えないから。プリンタ酷使すゆ。



はりつけて~~~~~ 加工する


加工はおやじ氏からジグソー借りてきて加工しますた。
ユニット入れる円が切れるか心配だったけど、φ80くらいの円はジグソーできれました。
このジグソー、特売で5kしなかったはず。

加工するときにすごい便利なのが読み古しの雑誌。
積んで加工台にする。  調整効くしいいかんじ。



ジグソー ラジコンすきなんだ。

ごめん加工してるとこはとってない。
木くずまみれだった(ハウスダストアレルギー発動してゾンビ加工してた。MDF加工するときはマスクしよう。

切り出したら、木工用接着剤と、真鍮の小釘で固定。
ユニットはネジでとめたよ。

このとき配線わすれて閉じちゃうとつらい(なんで知ってるかは聞くな

んで、配線をさばいて完成。


でけた

でけた



たのしい。

前作ったヘッドフォンアンプも繋げられるようにして、缶オーディオしすていむでけた。


たのしいぞーーーーーーーーーーーーーー!



コメント (0件)

コメントはまだありません