工作

本革ケーブルまとめ

  • 閲覧数: 2114
  • 1
ケーブルをまとめたりできるやつです。

ホック打ちを練習したかったのと、
常に持ち歩いているものを少しアップデートするものが欲しかったので作りました。

革にはある程度の厚みと硬さがあって、裏地にはグリップ感があります。こういうものを作るのに革は向いているような気がします。
投稿日時 2015年03月08日 06:03

レシピ

  1. 1

    C.145x100.4e07318faab2fa27aed8c4943aa53049

    ハギレの革を適当なサイズにカット

  2. 2

    C.145x100.d5c6189b02edbd5ad0dfd958fd7c1a7b

    穴を開けてからバネホックを打つ

  3. 3

    C.145x100.91ef153aac4f92969d482ecd097f2d35

    バネホックを打つにはオスとメスのホック打ちが必要です。先がこういう形のやつ

道具

  • ハトメ抜き
  • ホック打ち
  • 万能打ち台
  • 木槌

材料

  • ヌメ革ハギレ4cm
  • バネホック1セット

備考

電源コードをまとめておくのには便利でしたが、
イヤホンコードやiPhoneの充電ケーブルなど、解いたりまとめたりするものに使うには改良が必要かなと思いました。これ小さくてなくしちゃいそうなので、コード字体にくっついてるといいですね。
コードを通す穴開けちゃえばいいかもです。革は都合良いときだけ伸びて都合悪いときは伸びない、便利な素材ですからね。

手軽にかわいくて既製品っぽいものが作れるのが革の魅力だと思います。

コメント (0件)

コメントはまだありません