電子工作

IRFP4321 140V Half Bridge SSTC

  • 閲覧数: 1412
  • 0
普通のSSTCです。
ZCS作動ではない。
フィードバックはアンテナです。
インバータはIRFP4321のハーフブリッジでCスナバ、バス電圧は140Vです。
この回路で、およそ1cmほどの放電が出せました。
しかし、演奏やDRSSTC化をしているうちに、IRFP4321と74HC00が壊れました。
結局、これは、ひとまわり小さいDRSSTCの部品取りにされました。
ちなみに、DRRSSTC用につくったものなので、四枚目の写真に共振コンデンサが写っています。(オイルコンとフィルムコンを繋いだもの。DRSSTC化は別のコンデンサを使った。)
このコンデンサと三枚目の写真に写っている、一次コイルは、結局使いませんでした。

五枚目以降の写真は、無線送電の実験をしたときのもので、ここから部品を取ってきました。(これも、FBTドライバーの回路から取ってきたのだけれど。)

もっと見る

投稿日時 2014年11月28日 18:06
    まだお気に入りにしたユーザーはいません
0

備考

突入電流抑制回路として、抵抗が入れてあり、ある程度時間が経つと、リレーで抵抗をショートするようになっています。ケミコンの充電を利用しているので、時間は残電荷によって変わります。
※リレーが溶着していました。
二次コイルはVU50に0.3mmの線を600回巻きました。
一次コイルはVU65に適当なビニル線を巻きました。
GDTは13:26:26です。

コメント (0件)

コメントはまだありません