電子工作

なかよしねこロボット

  • 閲覧数: 4380
  • 37

作品画像

  • C.120x80.a5cdcb36ebcb5773a269b4b56b1b48fe
  • C.120x80.dc667e09e0db2ac886db656086829669
  • C.120x80.8ce5f0e9e89eb1081fd93acf9f304911
  • C.120x80.572ae4baae8c99550da86c10f8058c75
  • C.120x80.7a8b9e9edfc728cb9fc38df123022401
  • C.120x80.dae743f6783d346acb3e020117090da8
  • C.120x80.c097bdbc80759542e55adc0c235c4b4c

作品説明

もうニャーンとは言わせない。


製品概要

Nakayoshi Cat Robot(なかよしねこロボット)は、世界アジャイルおもちゃ開発特別顧問なかよしインターネッツ氏 *1 とエレキットとの共同開発により生み出された高性能六足歩行ロボット。


主な機能

ソーラー駆動 …太陽電池駆動。大規模災害による電気不足に備えています
振動 …この世に生まれた喜びに「Hallelujah!Hallelujah!(主をほめたたえよ、主をほめたたえよ、の意)」と打ち震える
対ショックデザイン …頭部にはクッション性にすぐれた特殊な材料を使用。突然の大規模災害に備えています


作者インタビュー


――――「日本の”かわいい”は低迷している」と国際会議でおっしゃられましたが、どのようにお考えですか。


日本は本当に「 kawaii 」のか?という疑問からきています。それが文化なのか、ムーブメントなのか……ことばの定義についてここでとやかく言うつもりはありませんが、とにかく、現状をきちんと認識し、発展させる努力をするべきだと私は考えています。高い技術と、素晴らしい文化。この2つをしっかりとつなぐことが、世界の中で生き残るために必要なことではないでしょうか。


――――これからの日本について一言お願いします。


私たち(のものとされている)日本文化は、世界にとって本当に未だ「エキゾチック・ジャパン」と思われているのでしょうか。それとも、インターネット上において平面的に再解釈され、国家との接続点のない要素のみを受容されている状態……つまり日本文化を日本文化「でないもの」として受容してしまう状態……全く新しいコンテクストがそこに誕生しているのでしょうか。それとも、そういった再解釈を経た上で、再び日本のローカル性がその文化の中に浮かび上がっているのでしょうか。おもちゃを開発することによって、この問題にアプローチしていきたいと思っています。


――――本日はお忙しい中ありがとうございました。


*1 「技術は世界中の人々を笑顔にするためにある。その誇りを忘れてはいないか」という国際会議での発言があまりにも有名

レシピ

1、キットを組み立て塗装、頭部パーツを実装する
頭部には 天使のねんど を使用。ぶつけても痛くならず、見た目にもやさしい――そんなすばらしいおもちゃを目指しました。私は乳幼児を心から愛しております。

2、頭部パーツ塗装
スプレーを使用。このとき勢い余ってスプレーを床に噴射すると 後々の日常生活に多大なる支障が生じます 。スプレーは横着せずに外で使用しましょう。

3、仕上げ
わたしはね、自分の命を吹き込むの

4、完成
太陽のぬくもりを感じてください。パソコンを閉じて、ふと空を見上げたときの眩しさ。忘れていませんか。

コメント (6件)

きもいもの好きとしてこれは非常にイイ、イイです

2013/05/11 18:38

動き方に狂気を感じる。

2012/07/30 00:24

ね、、、ねこ・・?ww

2012/07/19 23:34

足6本あるのうける

2012/07/19 21:24

ちなみに私は犬派です

2012/07/19 16:37

動きがかわいいですね!!!!!!!!

2012/07/19 16:32