電子工作

なかよしロボット2 帰ってきたアジャイルモード

  • 閲覧数: 6910
  • 33

作品画像

  • C.120x80.f95437876acf19bec5d94e53ce3b5d17
  • C.120x80.31723790288db8b54eb07009da5b94f1
  • C.120x80.2b108415226567f364ccb25ea5804363
  • C.120x80.46887b310bee5833f537815984f9784e
  • C.120x80.b6a09a818c2792edcc0bc4f03e47436d
  • C.120x80.c9306dfcb5962e4d5986cc616d175407
  • C.120x80.9a6e2db91db3180200d0a35cd20f578c
  • C.120x80.88dc544629f12dc87d72c77910dac10d
  • C.120x80.3c1c62246ce0a05a04fb5d5038418c69
  • C.120x80.0ce709ab64384c1997d2f639aa837fbb
  • C.120x80.0d7eea69a42f187d314c6682a4c2b1b9
  • C.120x80.bd3a218ee0f189f037ab1819a8f78db7

作品説明

トリックオア皆殺しだ

製品概要

Nakayoshi Robot 2(なかよしロボット2)は、世界アジャイル兵器開発顧問のなかよしインターネッツ氏とアーテックとの共同開発により新たに生み出されアップデートされた【高性能キューブ型ロボット】。高いコミュニケーション能力と個々人の卓越した能力を要求されるアジャイル開発を決してあきらめずに採用したことにより、現在市販されているホビーロボットの枠を大きく超えた本格的コミュニケーション機能つきキューブ型ロボット"Nakayoshi Robot 2(なかよしロボット2)"の研究開発アップデートに成功致しました。教育、競技大会、ソフトウェア開発への導入など、あらゆる用途にご利用いただけます。ハッピーハロウィーン。


主な機能

①乾電池駆動

突然の停電による電源不足に備えています。

②コントローラによる操縦 ←New!!

人間のコミュニケーションを感知してフレキシブルな動作で接近。容赦なく破壊します。

③高速スピン機能 ←New!!

本バージョンより採用。スピーディな動きであらゆる方向の人間と向き合い、夢の全方位外交を行います。

④帰ってきたアジャイルモード

後述。


帰ってきたアジャイルモードについて

高いコミュニケーション能力、ならびにチーム内での団結、そして個々人の卓越した能力が必要となるアジャイルソフトウェア開発を決して諦めてはなりません。帰ってきたアジャイルモード、満を持してリリースです。拡張パーツとして左右の腕に鋭利な刃物を装着することができます。「悪いけど今回はなかよくできない」などの言葉に反応しフレキシブルな動きで発話者に高速接近、人間を細かく切断しレスポンシブデザインに対応させます。ハッピーハロウィーン。スマホ対応してくれなきゃ殺害するぞ。

レシピ

ロボットについて



RCキューブ組立キットを使用。秋葉原で購入。

1、 RCキューブ組立キットを使用。秋葉原で購入。

余談ですけど、秋葉原のロボットショップに

ロボティクス・ノーツのポスター貼ってあるの最高だと思います。



外装を塗装。

2、スプレーで外装を塗装。

スプレー缶は本当に楽なのでみんなも買いましょう。



内部はこんな感じです。ところどころ自分ではんだづけして補強してあります。

3、組立、補強。

内部はこんな感じです。

ところどころ自分ではんだづけして補強してあります。



5、調整。写真はキットの組立例の通りにしていますが、実際これだとチューブの消耗が激しいので、機体設計と細部のパーツ選択を変更修正しています。

4、調整。

写真はキットの組立例の通りにしていますが、

実際これだとチューブの消耗が激しい。

本番環境では機体設計と細部のパーツ選択を変更修正しています。



6、完成。タイヤ部分はグリスを塗ったりチューブを自前の物に交換したりして調整してあります。

5、完成。

タイヤ部分はグリスを塗ったり設計を変更したり

チューブを自前の物に交換したりして調整してあります。

余談ですけどロボティクス・ノーツ本当におもしろいのでみなさんも観ましょう。あとロボティクス・ノーツはARを使ったプロモーションをしていて良いなと思った。最新のだとSWITCHにAR載ってる。ARプログラミング今挑戦してるけどすごいおもしろいのでみんなもやろう。詳しい人いらっしゃいましたらこの作品のコメント欄にコメントもしくはtwitter:@itopoidまでメンションください。







動画について


撮影、編集は全て iPad で行なっています。

使用アプリ
プロカメラ(好きな部分にフォーカス合わせられてよい)
iMovie( iPad 上の素材ですぐに制作できるのがよい。ただし iPad 自体の容量が少ないと破滅)

BGM
『Overture from The Haunted Mansion(ホーンテッド マンション 序曲)』
『Grim, Grinning Ghosts(グリム・グリニング・ゴースト)』
耳コピシンセ一発撮りです。
ピアノとウッドベースを混ぜたり、パイプオルガンとウッドベースを混ぜたりしてます。

画像編集
途中のグリッジ画像は、
kkosuge さんGlitch Converter Zombie Image を使用させていただきました。多謝!
画像をブチ込むだけでグリッチしまくる GIF が生成されるのですごいオススメです。


タイヤ部分に改善点があるので、外装ボディを一新してバージョンアップに取り組みたい。
最近 Arduino をいじっているので、うまく取り入れられたらなと思います。

コメント (3件)

皆殺しだ!

2012/11/24 17:53

家のフローリングが焦げ付いたので炎上案件認定です

2012/11/02 15:38

炎上するかと思ったらしなかった

2012/11/01 21:58