電子工作

【真空管アンプ】 811Aダイナミックカップルドシングルパワーアンプ(無帰還)

  • 閲覧数: 2874
  • 0
  • C.120x80.f9ec399f2f2ef934471bec77628da113
  • C.120x80.c1071ad494df12c0025b4d164663a206
  • C.120x80.127e5c036d66a30d2e140db5cc40fd62
  • C.120x80.fd9a837639b534ce8a5b90b9adfa85f4
  • C.120x80.b532bf0875054306465fd5c02a719822
  • C.120x80.2f049b5ed436e1653097bc233c9be8dc
  • C.120x80.40837ab04fcec9cfa7dbc0f705745741
  • C.120x80.31cb44b1f151586fcf258f94040d39be
  • C.120x80.388090e990854124853c1027a98444f8
  • C.120x80.36d94933b8e6b40f7c3fd592b691d61d
  • C.120x80.3bfc75fc189612799195cd0eb27b2a92
  • C.120x80.f83957beddb1b789c2b28478a8b95ce9
  • C.120x80.464c797f4f68e7219db45b53f948ae5b

作品説明

試作してからだいぶ時間が開いてしまいましたが,完成したので公開します.

回路は,作例も多く出ているダイナミックカップルドアンプです.

初段の球は6SJ7の高信頼管であるSylvania製の5693を使用しています.
スクリーングリッドはトランジスタの安定化電源を使っています.
ドライバー管の6L6GCは811Aと直結する形となっています.

試作版ではドライバー管にEL34を使用していましたが,ヒータ電流容量がギリギリだったので,6L6に変更しました.







    まだお気に入りにしたユーザーはいません
0

コメント (0件)

コメントはまだありません