その他

多くのマンガ家さんの製作工程はデジタル化されているのだそうだ

  • 閲覧数: 351
  • 0
古いマンガ家モノの楽屋オチの物語を読むと、インクをこぼして絵が台無しになったり、アシスタントがベタを塗ったりスクリーントーンを貼ったり、仕上がると待ちかまえていた編集さんが、受け取って印刷所に急いだり……なんていう様子が描かれていたものだ。

マンガを描くのに使われるアプリは、ひと昔前なら『コミック スタジオ』、現在はその後継である『クリップ スタジオ ペイント』が圧倒的多数派らしい。というわけで、現在ほとんどのマンガ家さんは、パソコンにペンタブレットや液晶タブレットを接続し、作品を製作しているのだそうだ。

という人も多いようだが、少なくともネームを描いたりする段階においては、iPadが圧倒的に便利だ。
https://www.kaka-doll.com/

もっと見る

投稿日時 2018年12月14日 14:46
    まだお気に入りにしたユーザーはいません
0

コメント (0件)

コメントはまだありません