工作

MBP鞄 v2.0

  • 閲覧数: 1709
  • 8
  • C.120x80.8c4b7fbab62d5d4b4e49ec923e25c650
  • C.120x80.874e0f454d0662111e36a3e858ad9267

作品説明

ZEROSHOCKに入れたMBPがぴったり入る鞄です. 印刷した論文とかペットボトルとか傘あたりが入るスペイスくらいは多分あるはず. 前回作ったものがコートの色移りで散々なことになった(※1, 2)ので新しいのを誂えた次第です.

※1 臙脂色のコートと一緒に持ち歩いていたらほんのり赤紫色に染まってしまいまして, 白い鞄は色々と問題が山積みだということが身にしみてわかりました. ふに.
※2 と思ったら今回の生地, 色移りの恐れがありますとか書いてあったんですね. インド綿, さすが安いだけのことはある. ふにふに.

レシピ

前回からの変更点
  • 使用生地を11号帆布からバッカス(8号帆布, プリント)に変更. 汎用性が若干増したかも.
  • 裏地をなんかよくわからないインテリアファブリックからなんかよくわからないインド綿に変更. 若干のグレードダウンに伴い, 重要な部分(ふたの裏, 把手)には接着芯を貼ることで対処しています.
  • 前回3日で壊れたD環(原因: 本の詰めすぎ)を大型の三角環に変更. 鎖とかに使われるパーツ(耐荷重60kg)なので, 以降余程のことがない限りここが壊れることはないと考えられます.
  • 角を立てる縫い方に変更.
  • 鞄の厚み(1枚目写真において画面に垂直な方向)が20mm小さくなりました. これは実地使用の結果, そんなに物を入れない(一番かさばるのはケース入りの一眼レフ)ことがわかったため.
  • 内ポケットが付いていたところでたいして使わない. バッグインバッグを無印で買えばよろしい.
手順
  • 蒲田のユザワヤに行って生地を物色します
  • 高いので日暮里に行きます
  • ホームセンタでD環を買います. 鎖とかの棚のそばにあるはず
  • 電車賃がアレします
  • 実際死ぬ
  • 適当な入門書に従ってケガキ・裁断・縫製を行います. 単位がcmなので死にます.
所要時間
15時間くらい(鞄を1回作ったことがある程度の初心者)

コメント (0件)

コメントはまだありません