電子工作

リズムを刻む雷

  • 閲覧数: 1472
  • 5

作品画像

  • C.120x80.10d0a30aadac1f42d533f41f7ea10722
  • C.120x80.cb02d9a49d41eb1cdcf6be8b1c4680e5
  • C.120x80.d9fcf5cc0c7e3e665423cfda7dfa551f
  • C.120x80.613f8e8f2b7204c1d552e1bc5a854236
  • C.120x80.10b716a372f1fcbc6f94e05b256b09da

作品説明

ダイオードとコンデンサーをつなげて電圧をあげて雷を発生させる基板を作り、インバーターにつなげました。

釘と釘の間に雷が発生し、音が鳴る装置です。

この雷発生装置にいろんな周波数の音をiPhoneから流します。

音をアンプで大きな電気信号にし、さらに、リレーの役割をする基板で、電気信号をブチブチ切ります。

すると、周波数(音の高さ )によって、雷のリズムが変わります。

インバーターには、トランスをつなげ、さらに、電球と蛍光灯&安定器、ボタン式スイッチが、アンプ(iPhone、リレー)につながっています。

動画を見てください。
You Tubeで、コハラボ放送局を始めました。
よろしくお願いします。

コハラボ
kohalabo

レシピ


コメント (3件)

なるほど、さすがにその年では理解は難しいかもね。

2013/03/21 15:13

コメント、ありがとうございました。どんどん分解して、分解したものをつなげてみて、わかってきました。わからないことは、お父さんに聞いています。本や動画を見て、まねしたり、こういうふうにつないでみたら、おもしろいかな~、とやってみています。

2013/03/21 13:30

すごいな、理論はちゃんと勉強してるのか?

2013/03/14 01:19