電子工作

-あなたとともだち- みょっくん(´ω`)

  • 閲覧数: 1908
  • 5
  • C.120x80.32e825d17421604cbd25d2084fc7e633
  • C.120x80.378a15386c2aa4e3c8d57e762791e913
  • C.120x80.2ebd6a244502d93c8ce9a223f1cab8f1
  • C.120x80.586f3ce9a62359b70732954d8b461b2b
  • C.120x80.987389c73923d123dd100e8ba96bfb25

作品説明

「みょっくん」てなんぞ?

(´ω`) ← この顔文字を個人的に「みょっくん」と呼んでます。(公式ではないです)
経緯として「(´ω`三´ω`)みょくみょく」っていう謎の癒しフレーズを思いついてしまい、
そのフレーズから名前を提案した次第です。(みょくみょくについては こちら )


作ったのはどういうモノなの?

みょっくん(´ω`)があまりにかわいいのでぬいぐるみというかプラモデルというかなモノとして召喚してしまいました。ついでにラジコンで遊べるようAndroid端末を使って操縦できるシステムも構築しました。
そのへんをスイーッと走ったり、(´ω`三´ω`)みょくみょくしたり、ほっぺを「(*´ω`*)」と光らせたりできます。

レシピ

材料調達

下記材料が必要です。  


  • Android端末(最低ver2.1, 推奨ver2.2) x 2台
    • コントローラとみょっくん本体制御にそれぞれ
  • AndroidIOIO x 1台
  • ギヤードモータ x 2個
    • トルク等不明ですが5V電源で1kg程度のモノが動かせるくらいのヤツ
  • モータドライバ x 2台
    • 今回はとりあえず最大8Aくらい流せるHブリッジFETドライバを自作
  • LED x 2個
    • ほっぺ光らせるのに使うヤツなんで赤色
  • LEDドライバ x 2台
    • C1815でペロッと。20mAくらいドライブできればおk
  • バッテリー x 1個
    • モバイルブースター使用(5V5000mAh, USB端子1ポートにつき1A供給可)
  • ボールキャスター x 2個
  • 大口径タイヤ x 2個
    • 10~15cmくらい?
  • アルミフレーム材 x 適量
  • USB延長ケーブル x 1本
    • AndroidIOIO<->外装間の延長
  • 大口径ザル x 2個 → 外装に使います。ダイソーの30cmくらいのヤツ。
  • 紙粘土 x 100g6パック → ダイソーの紙粘土。ちょっと多めに買っておいたほうがいいかも
  • ネジ・半田・配線材等 x 適量

組立

すいません、図面ないので写真でお察しくださいorz

  1. 車体組立
    1. 平板形状のアルミ板を用意し、モータを取り付けます
    2. 車体中央から左右にモータの軸を出し、そこにタイヤをハメます
    3. 車体前後に♮みたいな形をしたフレームを取り付け、そこにボールキャスターを付けます
    4. 外装の受けとなる柱と天井を取り付けます(車体中央上部の板です)
    5. IOIOとかモバブとかモータードライバとかLEDとかつけます
    6. 配線して完了
  2. 外装作成
    1. ザルの開口面同士をぴったりくっつけます。ネジ止めするのが乙です(楕円球体状になるように)
    2. 車体幅に合わせて、片方のザルの下半分を切り取り、車体にかぶせられるようにします
    3. ザル上部から内側に向けてネジを刺し、車体の天板に刺さって固定できるようにします
    4. USB端子をIOIOから伸ばし、ザルの内側から外へ出します
    5. 紙粘土で外側をコーティングし、顔「 ´ω` 」をマジックで書きます
    6. 紙粘土が乾かぬうちにLEDがほっぺの位置を照らすように調整し、内側からややくり抜きます
    7. 乾いたら完成です。
  3. アプリ作成
    1. プロジェクトファイル一式上げてないので後日ageますね orz
  4. できあがり
    1. (^q^)説明適当でスンマセン

コメント (0件)

コメントはまだありません