電子工作

TLT15 [チェビシェフリンク2足歩行ロボット]

  • 閲覧数: 13658
  • 23

作品画像

  • C.120x80.06a196192d757f2f34de01ec9643fcaa
  • C.120x80.29da15b652d35feb4192b48238365cd5
  • C.120x80.c5161b7645a7052e50233d01cdd13e4b
  • C.120x80.e7a70545bccca2231aaf4b6c74144e62
  • C.120x80.4f205c00f54b2a49b435100edc6824a8
  • C.120x80.fc5d6e3a81fc6a9f9a30d84e60ddc830
  • C.120x80.d1f216f56eb700b98bf8a019200257c0

作品説明

チェビシェフリンクを用いた2足歩行ロボット


  • きっかけ
    2011年末に大阪府立大学工業高等専門学校テクノセンタ1階CIM実験実習室で開かれた小学生対象の公開講座(ロボット教室)のために製作したロボットです.
    設計製作1日半で仕上げました.

  • とくちょう
    コの字足なので少しずるいですが,チェビシェフリンクにより上下震動の少ない歩行が出来ています.

  • ひとこと
    写真のようにつくる前は1枚の(ほぼ)長方形になっているので,材料の無駄が少なく,部品もなくなりにくいようになっています.

レシピ

1.図面のダウンロード
ここから図面をダウンロードしてください.

2.レーザー加工
レーザー加工します.2.5mmMDFが良いです.

3.ギアボックスの組み立て
タミヤのユニバーサルギアボックスを組み立てます.低速に設定します.

4.軸,原動節加工(工作教室では学生スタッフが作った)
原動節と軸を加工します.軸はφ3の長さ49mm弱.原動節は10*25のt6アルミ板に15mm間隔でφ3の穴を2つあけてイモねじ用のM3雌ネジを側面に立てます.

5.組み立て
上写真のように組み立てて完成です.一部ボンドで接着しています.
使用ネジ類は以下の通りです.
M3×15ナベネジ
M3×20ナベネジ
M3ワッシャー
M3ナット
M3ナイロンナット
M3スプリングワッシャー

コメント (0件)

コメントはまだありません