電子工作

74HCU04パラレルアンプ

  • 閲覧数: 5051
  • 5
デジタルICの74HCU04を使ったアナログアンプです.数年前から作例があり,面白い音がするという評判だったので,音色を聞いてみたくて作りました.74HCU04は左右それぞれ初段に1つ,出力段に6つ使いました.実装は万能基盤に組みました.ケースはチープに100均にあったブリキの箱を使っています.聞いてみると細かい音が聞こえるような気が.高音から低音までフラットに出ています.出力は1W以下ですが,普段使うには十分な音量です.
投稿日時 2013年10月31日 22:36

レシピ

  1. 1

    C.145x100.8925ec969bb895365adf3ab9e12f033a

    回路図を決める

  2. 2

    C.145x100.9ad8b30fcc4f4e69fe4cea856ac0c8eb

    安心して制作に臨めるようにブレッドボードで仮組して動作を確かめる

  3. 3

    C.145x100.2aaaf388ee3d0a2d45278a53dcfefc15

    万能基盤に電源から配線して行く

  4. 4

    C.145x100.4166c00cdcc56b7f5166117847678951

    部品を配置して行きます.デジタル回路の実装っぽいのでパスコンも付けました

  5. 5

    C.145x100.024cf0eeaf70c29454f1d5ffb4c58d37

    CR類とコネクタ類も取り付けます

  6. 6

    C.145x100.77355ecdd58deee72af4601a25c3f206

    裏面の配線を頑張ります.ポリウレタン線も使っています.ちょっとちたない

  7. 7

    C.145x100.3bd0b3bcb2f8cd29e9c4a597d213a61e

    配線をチェックしてから,最後にケースに組み込みます.RCA端子やスピーカ端子,電源を引き込みます

  8. 8

    C.145x100.f967ebe8000f304410089daf8a3f20a3

    完成!音を出して楽しみましょう.元気に電流が流れているのでICは熱くなりますが,仕様です

道具

  • ハンドドリル
  • リーマ
  • ヤスリ
  • ラジオペンチ
  • ニッパ
  • 半田ゴテ
  • テスタ
  • コテ台
  • ドライバ
  • ブレッドボード(テスト用)

材料

  • 74HCU0414
  • DIPICソケット(14ピン)14
  • ACアダプタ(6V)1
  • 万能基盤1
  • 電解コンデンサ(3300μF)4
  • 抵抗(1M,100K,47K,10K,4.7K)各4本
  • フィルムコンデンサ(0.33μF)4
  • 積層セラミックコンデンサ(0.1μF)14
  • 線材,ハンダ適量
  • スイッチ,コネクタ類適量
  • RCA端子,スピーカ端子各2
  • 可変抵抗(2連Aカーブ100KΩ)1

備考

74HCU04 を使ったアンプは昔から作られていていろいろな作例が出回っています.ここでは使っていませんが秋月でキットもあります.http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-06126/

コメント (0件)

コメントはまだありません