イラスト・デザイン

名刺: Sticky & Zipper

  • 閲覧数: 2884
  • 7
  • C.120x80.4437fcd80f4db777fad1ce32915c3810

作品説明

買って使いこなせずに放置していた Adobe Illustrator の練習を兼ねて作成。
「Sticky & Zipper」タテ 55mm × ヨコ 91mm の標準サイズの名刺。

レシピ


ラフイメージ名刺サイズだしちびキャラがいいかな、という事で3頭身。女の子をソフトな感じに拘束していやらしいことがしたいよね、という話が Twitter で流れてたのでその辺のインスピレーションとセロテープとジッパーを脳内であれこれして犬耳を混ぜて SAI でラフ作成。
他の候補としては虫ピンとかクリップとか。
線画っぽいパスIllustrator で絵を描く時って線画いるの?どうなの?と迷いつつもペンツールでトレスして線画パスを作成。萌え絵メソッドに従ってキャラの輪郭は太く強調。線幅ツールさまさまです。ラスタに比べてベジェはこういう修正が簡単にできるのが良いですね。

黒ベタで。当初は色を塗ろうかとも思ったんですが上手く行かなかったのでモノクロに決定。漫画絵みたいに髪とか服の皺とか作る。1号(黒髪の方)はそれでよかったんだけど、2号(白髪の方)がなんだかのっぺりした感じになってしまったので悩んだ挙句に後ろ髪に影を付けてメリハリを付けたあとに水玉を乗せて完成。

A4 サイズに敷き詰めて CD に焼き、秋葉原のキンコーズに持ち込んで A4 紙に印刷してもらう。
カッティングボードとナイフ、スケールを借りてちまちま切る。
毎回この作業に手間取るので、A4 サイズのアートボードに並べる際にガイド線を付ける。
が、半分寝ながら付けたせいかプリンタの印刷領域のことを失念、ガイド線が全く印刷されないという間抜けなことに。ちゃんと寝ましょう。

毎回名刺をする時はキンコーズさんにお世話になるんですが業務用?のプリンタは凄いですね。
細かい部分は潰れちゃうかなーと思ってたんですがクッキリ出ててびっくり。
袖の点線とか口元のジッパーまで全部出るとは思わなかった。
非 Retina の愛機 MacBook の解像度が恨めしい。 Retina MBP 誰かください。

コメント (0件)

コメントはまだありません