工作

アンティーク堅木材で作るなかよしカッティングボード

  • 閲覧数: 3267
  • 8
フルスイングで人間を殴れます。

実用的なまな板として使っても、そのまま食卓に出してもおしゃれなカッティングボードです。
アンティークショップで買った堅木古材をそのまま活用。塗装加工など一切なしの、素材の良さを生かした鈍器です。ちなみに原価700円。
投稿日時 2013年05月09日 15:39

レシピ

  1. 1

    C.145x100.7fbac74cf24d800cdf9d47ea765828ff

    堅木古材。凹みや穴があって味がある。一応サンダーで表面を削っておく。

  2. 2

    C.145x100.8def9f7f841dbe62613250baea2883a6

    古材は、アンティークDIYショップ『GALLUP』門前仲町店で購入。

  3. 3

    C.145x100.f1aecee211c64c4be07dfaf62162183f

    取っ手部分の形を木材に鉛筆で下書きする。

  4. 4

    C.145x100.ef7131c8ceb04113989673eea92e48f4

    木材をクランプで固定して、ジグソーで下書きに沿って取っ手部分を切り出す。

  5. 5

    C.145x100.4513edd736a37825e4574c5e40d5aa82

    サンダーを使って、切り出した取っ手部分にヤスリをかけてなめらかに。

  6. 6

    C.145x100.3dcb2d2b0dd91526432039110163fee5

    なかなかいい感じ。

  7. 7

    C.145x100.b475ed9937b55d7852e0fabcdd0452cb

    全体にもサンダーをかけてなめらかにしていく。

  8. 8

    C.145x100.4c0d213d0a662a45612e36bbd14b3230

    ひもを通すための穴をあける。ドリルビットをつけた電動ドリルドライバーを使う。

  9. 9

    C.145x100.899648205ead93a87840b8ab383b30f4

    開けた穴に紙やすりをかけてなめらかにする。

  10. 10

    C.145x100.9111071540a68ab454302bb86a20c01e

    仕上げ。表面にオリーブオイルを塗る。

  11. 11

    C.145x100.dffc21eead4dbc2baad3c1d75b20e3bd

    オイルが染みこんで表面の色や手触りが変わる。

  12. 12

    C.145x100.b1dd6ce60fd9ffe03ec758236bb8b6b2

    穴にひもを通して完成。思わずフルスイングしたくなる鈍器に仕上がった。

道具

  • ジグソー
  • サンダー
  • 電動ドリルドライバー
  • ウエス

材料

  • 堅木古材1枚 [500円]
  • 革ひも1本 [200円]
  • オリーブオイル適量

備考

※注:木材の下に端材をしいておかないと作業台に穴を開けます(実体験)

古材・建材の販売、塗料、金物、雑貨、家具など GALLUP/ギャラップ
http://www.thegallup.com/

コメント (0件)

コメントはまだありません