電子工作

MINTIA レーザーポインタ

  • 閲覧数: 3786
  • 5
  • C.120x80.64f1b9acbe4737ebabd9bf79521d107c
  • C.120x80.22e2af4ef919449564ce84b7fc828362
  • C.120x80.4d4dbd2b9c87743a90e55b1d3f6508da
  • C.120x80.f63e11d4fb9e52ae987dfbb70ae0b2d5
  • C.120x80.bef6e090159b0b51c99796b7d4b425c6
  • C.120x80.1e21c24010e410a4e1735c0b53c75153
  • C.120x80.5ea47cd5665569cf0dc4d5d4444b19e0

作品説明

FRISKレーザーポインタを作ったら『なんでも作っちゃう、かも。』でおなじみのarms22さんがコメントで、

この薄さならミンティアのケースにも十分入りそうですね。

と。なるほど入りそうだね。
って訳で作ってみました(2010年3月10日のこと)




レシピ


材料 部品は、MINTIAの空きケース、秋月の薄型レーザーモジュール、タクトスイッチ、CR2032とその電池ケース(できるだけ薄いの) MINTIAのケースはボスにはめ込んであるだけなので写真の様に簡単にばらせます。

電池ホルダーの加工 いちばん背の高い部品、今回は電池ホルダーを中に入れてMINTIAケースを閉めてみましたがほんの少しだけはまりませんでした。ほんのちょっと、1mmぐらい。 というわけで電池ホルダーの肉を削ってみました。

削りすぎると電池が固定されなくなるけど、でもどうせケースサイズがギリギリだからケースで電池をおさえればいいんだし!と開き直ってガリガリと削る。。

レーザー穴を適当に開けたら、ボスと干渉しちゃってご覧の通りレーザーモジュールをケース縁から離して配置する羽目に。。 そして、高さを調節するために、レーザーモジュールの下にセロハンテープを1枚はりました。

内部配線完成 光軸を微調整して内部配置完成の図。 電池ホルダーは結局ご覧の通りそれだけでは電池が固定できなくなってます。。。

完成 タクトスイッチの位置はケースに穴をあけておいて、仮組み立てし、スイッチを動かさない様にばらして、その位置にスイッチを接着!という方法で決めました。 これだと簡単にぴったりな位置に配置できます。 というわけで完成!

コメント (0件)

コメントはまだありません