工作

nexus7用ケース。

  • 閲覧数: 3056
  • 11
  • C.120x80.75d1affeb7e19f8fb59be18b4ee3cf50

作品説明

数日前!nexus7を買ったのですよ!

ただ!!!ケースがなかなか良いのが見つからない!そして、ほぼ在庫切れ!
なら、作ってしまえば良い!!!!

ということでとりあえず作ってみた。
タブレット端末を持つのは初めてで、使い勝手がよく分からないが、
まぁ追々改良版を作り直そう、ということで適当に作ってみた。

レシピ

材料
・革の端切れ
 → 東急ハンズの革コーナーで、気に入ったもの。今回は 50*50(cm) で1000円くらいのものを使用。エンジ色。
・クッション材
 → みんな大好き東急ハンズのDIYコーナーで、衝撃吸収用っぽいスポンジを購入。5*20*30(mm)で300円ちょい。
・強力磁石
 → nexusさん、磁石でスリープ機能があるので、ダイソーで小型のものを購入。
・段ボール
 → nexusの前面を覆う板に使います
・両面テープ
 → 基本的にこいつが主役です
磁石
みんなの味方ダイソーにて購入。

スポンジ
色は黒と白があったのですが、無難に黒。厚みや大きさも種類がいろいろあった。

作るものですが、ブックカバー的な形で、片面にnexusを固定し、片手で開けるようにします。
電源ボタンが右側面にあるため、そちらの操作がしやすいよう、開いた面の左側にnexusを配置することにします。
で、背面と下と左側面にもスポンジで壁を作っておきます。衝撃吸収第一!!!

①とりあえず、完成像をイメージする。そしてスポンジをサイズに合わせて切る。

スポンジを切ったところ。
カッターでぐりぐり切れました。

②nexusの前面につける板をつくります。
 本当は革を縫い付ける予定だったのですが、なめてました、革を普通の手芸針で縫うのは無茶でした。
 てことで、両面テープ中心に作業を進めます。
こんな感じで覆い隠します。
段ボールを適度に切りとって、これに両面テープで革をくっつけます。
③外側のカバーを作ります。スポンジと革を両面テープでくっつけます。

外側のカバー。
こんな感じで、革の上にスポンジを並べてみます。

④スリープ機能用の磁石をスポンジに埋め込みます。開いたときに、右下辺りに来る場所です。
 その位置でちゃんと反応するか確認しつつ、スポンジをカッターでほじくってそこに磁石を入れます。
 その上からもう一枚革を貼るのですが、ふたを開いて裏返したときの滑り止めになるように、あえて裏面が表にくるようにします。
磁石の埋め込み
周りに両面テープを貼ってしっかり革で押さえます。
⑤この後はそれぞれを両面テープでくっつけたり、大事そうなところは透明なミシン糸で手縫いしてみたり。
 あまりに熱中しすぎて写真を撮るのを忘れていました。

⑥完成!

完成!
閉じた図。

下方向から。
充電コードとイヤホンジャックが使えるよう、あけてある。

上方向から。
ちなみにカメラを使う予定ゼロなので、カメラ穴は作ってない。

開いた内側横方向から。
こっからnexusさんを入れます。カバーの内側がかなり滑り止め効果を発揮しているので、ストッパー的なものはつけていません。電源ボタンが押しやすい。

使用例。
こんな感じで、ふたを折り返して使用できます。裏側にあたる部分が、革のごわごわ面なので、滑らなくて持ちやすい!

ただし問題点が...
nexus面のカバーが分厚すぎたせいで、なんと磁石パワーが効かなくなってしまった!!!!! 電源ボタンを押しやすい位置に作っておいたおかげで、なんとか普通に使えそうです...。

次は、本格的な革カバーを作りたいなぁ。

コメント (2件)

欲しい・・

2012/11/14 14:35

レシピがすごい丁寧!

2012/10/15 18:47